自分への信頼が絶対

今日の投稿を見て「約束の人」ってなんだろうと思った方いると思うので

そこはカッツアイせずに(も〜〜〜気に入ってます・笑)言いますが

読んで字のごとく、以前私と1対1で会ったことがありましてそこでの性別は

無関係ですが必ず私を見つけ出すと約束した皆さんです。

そしてその約束の時(時間概念は外して)、性別は女性なのです。

今は何度目の「約束の時」ですかねぇ...遠い目をしてしまいますが...

 

もちろん全男性を信頼していないわけではないし、敵視しているわけでもない。

今は面倒な時代ですがジェンダーだとかそういうことも関係なく...

2021年現在、この世界で信頼出来る男性は夫を除き(夫は別格)2人です。

1人は実際に会いましたが日本人ではありません。1人は現在、別次元で

会うことができます。こう言っちゃうとお前何様?って言われちゃいそうですが

何様でもいいのです。私は嘘は言いませんし、そもそも言う必要がない。

そして現世では間接的かもしれませんが男性の方にも会います。ですが「稀」です。

 

は〜い、この記事は話半分以下でお願いしますね(笑)

 

手っ取り早いのはスピ系やその類に興味があったりする人たちかと思います。

言い方が上からですが真意を知っている人にはそうは聞こえないはずです。

そして結果から言うとこの10年間、スピ系などのセミナー、ワークショップなどで

知り合った人たちの中で「約束の人」を見つけることは出来ませんでした。

だからと言って失望しているわけではなくて別の意味で素晴らしい出会いは

たくさんありましたし、大切な友人と想っている人はもちろんいます。

 

私に出会ったら最後(笑)自分を正す道しか残されていません。

自分への信頼を取り戻すまで続きます。それはとても苦しいことかもしれません。

逃げることは許されません(冗談です)ただ、逃げればもっと苦しみます。

 

私がよく言う「方法」に逃げる人はそもそもご自分を信頼なさっていませんよね。

だから「方法」が必要なんですよね。「方法」によって成立しているって虚しいね。

 

自分を信頼するためにはまずスッポンポンになるしかないのだから。

最初に私はそれを言いますよね。身ぐるみ剥がされても大丈夫かと(冗談です)

このスッポンポンってのは細胞1つ1つを洗浄していくようなものですよ。

長く汚染されてしまったものをクリーンにするためにかかる時間は

様々ですからそこでくじける人は「約束したつもりになった人」でした。

 

この記事を読んでみてそのつもりの人はきっといるかもしれませんが

「約束の人」はどうでしょうね。私に会いたいと思うかどうかですが

会ってみればわかります「あれ?フツーじゃん」って。でも会ってみれば

わかることの方がきっと多いと思います。フツーじゃないってことを。

 

自分への信頼って何かをまず問うてみてくださいな。それがわかる方は

何らかの「方法」や「仲間」では答えが出ないことを知っています。

 

f:id:innermostsanctum2020:20210511142945j:plain

 

では答えはどこにありますか?その答えを私に伝えることが私との約束なんです。

フリーセッションでは個々の生き方についてなどさらに深い話をしますけど

約束の人は不変の人であることも付け加えます。そして常識的であることも。